レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

たったこれだけ!?運用中のWordPressのURLを変更!独自ドメインの直下に移動させる方法

  最終更新日:2015/06/24

こんにちは、藤田です。

 

前回に引き続き、

サーバーコントロールパネル『Plesk(プレスク)』を使って

WordPressをインストールしたとき

ドメイン名のURLになるようにする変更手順を解説します。

 

※WordPress運用前の方はもっと簡単に変更できるので

こちらの記事を参考にしてください。

 

あなたのWordPress http://www.example.com/wordpress/ になってませんか?

WordPressをインストールしたはいいけど、URLに/wordpress/とか/wp/がついてしまう!

独学で少しいじったら、トップページ以外表示しなくなってしまった!

なんてことありませんか?

 

今回は、

http://www.example.com/wordpress/

となっているWordPressのURLを

http://www.example.com

に変更する手順を解説します。

 

 

 

オススメ Plesk(プレスク)を搭載した仮想専用サーバー

今回解説に使用したのは仮想専用サーバーの『Plesk(プレスク)』を搭載したもので

今回の対象プランはSpeever(スピーバー)の以下のプランです。

・仮想専用サーバー VP-1+Plesk ※提供終了

・仮想専用サーバー ワードプレス専用プラン ※提供終了

・仮想専用サーバー ベーシック (VP-2)

・仮想専用サーバー ミドル (VP-4)

・仮想専用サーバー アドバンスト (VP-8)

・仮想専用サーバー マスター (VP-16)

 

 

 

Pleskで簡単インストールしたWordPress

Pleskの簡単インストール機能を使ってWordPessをインストールすると

デフォルトでは”/wordpress/”というディレクトリにインストールされます。

 

中にはURLの変更方法がわからずに、

http://example.com/wordpress/

というURLで我慢してワードプレスを使用しているひともいると思います。

 

運用前ならインストールをし直せば簡単にURLを変更できるのですが

既に運用してしまっている場合、インストールし直すのも大変です。

そんな方のために、WordPressのURLをドメイン直下に変更する方法をご紹介します。

 

 

 

WordPressインストール直後のデフォルト構成

『Plesk(プレスク)』の簡単インストール機能を使ってWordPressがインストールした

サーバー内のディレクトリ構成は以下のようになっていると思います。

Plesk-wp-tree01

※WordPressの管理画面(ダッシュボード)で

パーマリンク設定を行う前には”.htaccess”はありません。

 

 

 

.htaccessとindex.phpをダウンロード

まず最初にFTPソフトを使ってサーバーに接続して

“.htaccess”と”index.php”というファイルを

PCにダウンロードします。

※WordPressインストール直後には”.htaccess”はないので、

もし”.htaccess”ファイルがない場合は無視してOKです。

 

 

 

index.phpの編集

PCにダウンロードした”index.php”のファイルを編集します。

指定した箇所に

“/wordpress”

という記述を追加するだけです。

※もし http://example.com/wp/ というURLの場合”/wp”を追記します。

 

 

 

.htaccessの作成

“.htaccess”がない場合”.htaccess”を作成します。

 

パソコンで新規テキストファイルを開いて、

以下の【変更後】の内容を貼り付けます。

ファイルを保存後、ファイル名を「htaccess.txt」などの仮の名前に変更します。

これで”.htaccess”の仮ファイルの完成です。

 

 

 

.htaccessとindex.phpのアップロード

FTPソフトでサーバーに接続し

準備した”htaccess.txt”と”index.php”を

サーバーのドメイン直下(ルートディレクトリ)にアップロードします。

アップロードした”htaccess.txt”の名前を”.htaccess”に変更します。

 

 

 

.htaccessとindex.phpをアップロードした後の構成

“.htaccess”と”index.php”をサーバーにアップロードした後の構成です。

※元のファイルは削除しません。

Plesk-wp-tree02

 

 

 

WordPressの管理画面(ダッシュボード)でサイトアドレス(URL)の編集

次にWordPressの管理画面(ダッシュボード)にログインし

設定 > 一般 を開きます。

 

「一般設定」の「サイトアドレス(URL)」を編集します。

plesk-wp-conpane00

 

「サイトアドレス(URL)」の”wordpress”の記述を削除します。

plesk-wp-conpane01

 

「変更を保存」をクリックします。

plesk-wp-conpane02

以上で作業終了です。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

サブディレクトリにインストールしたWordPressのURLを

独自ドメインの直下に移動する手順は以上になります。

 

サーバーに接続したり、ファイルを編集したりする作業があると

一見難しそうに感じてしまいますが

実際に手順に沿って作業をしてみると

そんなに難しくないと思います。

 

手順をまとめると、全部で4ステップ

1.index.phpと.htaccessのダウンロード

2.ダウンロードしたindex.phpと.htaccessファイルの編集

3.編集したindex.phpと.htaccessファイルのアップロード

4.WordPressのダッシュボード「一般設定」の変更

 

「WordPress(ワードプレス)」はフリーのアプリケーションのため

どのレンタルサーバー業者でも基本的にサポート対象外の扱いですが、

もしかしたらわかることがあるかもしれないので

サポートまで相談してみてください。

0120-63-1138 (受付:平日9時~18時)

 - Plesk, Speever, WordPress

  関連記事