レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

簡単で完璧!WordPressの問い合わせフォームのプラグイン『Contact Form7』にGoogle Analyticsのコンバージョンタグを設定する方法

  最終更新日:2014/12/10

こんにちは、藤田です。

 

会社案内などのホームページを作るとき、多くの場合、問合せフォームを設置すると思います。

さらにWordPressで問合せフォームを設置する場合、以下のようなプラグインを使ってみなさん設置していると思います。

・Contact Form7

・MW WP Form

・inquiry form creator

・Trust Form

個人的にはカスタマイズ性の高い『MW WP Form』が結構好きなのですが、

まだまだ『Contact Form7』の方がいちばん人気のようです。

 

問い合わせフォームを設置した後に行う作業として、

問い合わせがあった場合にしっかりとコンバージョン(成果)としてカウントする設定です。

 

ここでは『Contact Form7』のGoogle Analytics ユニバーサルアナリティクスでコンバージョンを測定する方法を簡単に説明します。

他のサイトだとWordPress側の設定だけだったり、Google Analytics側の設定だけだったりしますが

一気にWordPressとGoogle Analyticsの両方の設定方法をしっかり説明いたします。

これだけ読めば『Contact Form7』のコンバージョン測定はバッチリです。

 

 

Google Analytics 新しい目標

最初にGoogle Analytics側の設定を行います。

該当ホームページにGoogle Analytics ユニバーサルアナリティクスが設置済みであることを前提として説明をいたします。

 

Google Analyticsにログインし、『アナリティクス設定』の『ビュー』にある『目標』を開き

『+新しい目標』をクリックします。

event-tracking005

 

 

 

Google Analytics 目標設定

『目標設定』内のラジオボタン『問い合わせ』をクリックし

『次のステップ』をクリックします。

Google Analytics evernt tracking

 

 

 

Google Analytics 目標の説明

『タイプ』のラジオボタン『イベント』をクリックし

『次のステップ』をクリックします。

event-tracking12

 

 

 

Google Analytics 目標の詳細

今回は『カテゴリ』と『アクション』のみ使用します。

カテゴリ 等しい Contact Form
アクション 等しい submit
ラベル 等しい (未使用)
上回る (未使用)

 

『カテゴリ』と『アクション』を設定したら

コンバージョンの目標値としてイベント値を使用は『はい』のまま変更せず

『目標を作成』をクリックします。

 

event-tracking13

Google Analytics側の設定は以上になります。

 

 

 

WordPress Contact Form7 その他の設定

Contact Form7の設定画面を開きます。

一番下の『その他の設定』に以下のコードを貼りつけて更新すれば完了です。

event-tracking14

最初にも記載しましたが、このコードはユニバーサルアナリティクス対応です。

従来型(非同期型)のGoogle Analyticsのトラッキングコードを設置しているひとは、最初に自分のサイトに設置してあるトラッキングコードをユニバーサルアナリティクスに対応したものにアップグレードしてください。

 

従来型(非同期型)のGoogle アナリティクスを使用しているか、ユニバーサルアナリティクスを使用しているか知る方法

ちなみに、2014年4月2日にユニーバサルアナリティクスは正式にリリースされました。

マルチ画面、マルチデバイスに対応し、ユーザーIDという概念を持っているため、デバイスを超えて個人の行動を分析できるようになる可能性があります。

また、Googleは2年で従来型(非同期型)のサポートを終了すると公表しています。

従来型(非同期型)のトラッキングコードを設置しているサイトは2016年4月からデータが取得できなくなるので注意が必要です。

 

自分が従来型(非同期型)のGoogleアナリティクスを使用しているのか、ユニバーサルアナリティクスを使用しているか分からない方は

サイトに設置しているトラッキングコードを確認してください。

ga.js“が設置されているサイトは従来型(非同期型)

analytics.js“が設置されているサイトはユニバーサルアナリティクス対応です。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はWordPressのContact Form7の設定方法を説明しましたが

コンバージョンの設定はホームページの成果や価値を知る上でとても重要な作業です。

面倒くさがらずに設置・設定するようしてください。

 - Google Analytics, WordPress

  関連記事