レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

比較サイトが教えてくれない、本当に格安なインターネット光回線はどれ?料金を調べてみた(※光コラボ含む)

  最終更新日:2016/12/02

こんにちは、藤田です。

 

3月、4月は卒業、入学、入社など引っ越しシーズン。

実は自分もつい最近引っ越しをしたのですが、

電気、ガス、水道の手配、

役場での転出、転入手続きなど

やることが多くていつもバタバタしてしまうんですよね。

 

バタバタする作業の中でもネット回線選びは正解が見えないので

みなさん苦労していると思うので、

キャッシュバックや期間限定の月額費用に惑わされないよう

本当の料金を調べてみました。

 

引っ越しアルアル

引っ越しアルアルだと思うのですが

自分はいつも引っ越しのタイミングで、自分の荷物とインターネット回線を見直しをします。


※知ってますか?※
インターネットを利用するには
フレッツ光○○ というような、光回線の契約と
OCNやBiglobe といった、プロバイダの契約が必要で
別々の業者がサービス提供していることが多いのです。

家の外の回線を利用するために契約するのが光回線の契約
家の中の回線を利用するために契約するのがプロバイダ(ISP)の契約
※厳密には違いますが、イメージです、イメージ!


特に頭を悩ませてしまうのがインターネットの業者選びです。

光回線+ISPで、だいたい月額5,000~7,000円です。

最も多いパターンと思われるのが、フレッツ光 4,600円+OCN 1,100円=月額合計5,7000円 ですね。

どれが一番いいのか、毎回決めるのに時間がかかってしまいます。

 

余談:私のインターネット回線の遍歴

ちなみに私のこれまでのネット回線の遍歴はこんな感じです。

テレホーダイ(ダイヤルアップ)→Yahoo!BB(ADSL)→フレッツ光+plala

→auひかり+BIGLOBE→フレッツ光+BIGLOBE

→フレッツ光+BB.excite

※自分の会社でISPを提供しているのですが、
顧客情報として自分の情報があるのに抵抗があり見送りました。

 

 

本題:インターネット光回線の比較表

今回も悩んだので、その時に調べた内容に+αの情報を足して、

サービスの比較表を作ってみました。

 

特に今回は2015年2月1日から「光コラボ」が始まり

お得なサービスがリリースされる一方で

選択肢が一気に増えてしまい、

決められない!という状態に陥っていると思いますので

何かの参考にしてみてください。

 

 

 

光コラボってなに?

「光コラボ」を簡単に説明すると、

NTTフレッツ光で使用している光回線をプロバイダ業者がOEM販売することです。

 

これまで多くのプロバイダ業者は、

自社のプロバイダ(ISP)とフレッツ光を組み合わせて販売していました。

これが「光コラボ」提供開始により、”フレッツ”を独自のブランド名に変更して、

価格設定も独自に設定して販売できるようになりました。

 

今回NTTが行った「光コラボ」提供の目的は、

インターネット光回線の普及とのことですが

docomoに卸すことで、他社のように携帯と光回線のセット割を実現したかった

のではないかと噂されています。

 

そんな噂話は置いておきましょう。

 

今回の料金比較は基本的に光回線業者に絞っていましたが

どうしても無視できなかったので、

1つだけ「光コラボ」のサービスを混ぜました。

 

 

 

戸建て向け1Gbps以上のインターネット光回線の料金比較

早速、料金比較していきましょう。

戸建ては、マンションタイプに比べて長期的に利用することを想定して

シミュレーションを行うべきです。

基本的には一度決めたら、よほどのことがない限り変更しないと思います。

 フレッツ光auひかりNURO光eo光ピカラ光ねっとexcite光
提供地域全国全国東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
群馬県
栃木県
茨城県
大阪府
京都府
兵庫県
奈良県
滋賀県
和歌山県
福井県
愛媛県
香川県
徳島県
高知県
全国
光コラボ
初期費用18,800円38,300円40,790円3,000円25,000円19,000円
月額費用5,700円
+500円
(BB.excite)
=6,200円
6,300円
(ISP込み)
4,743円
(ISP込み)
4,953円
(ISP込み)
5,200円
(ISP込み)
4,360円
(ISP込み)
割引1ギガ推し!
⇒月額300円引き(30ヶ月)
ずっとギガ得プラン(3年契約)
⇒月額1,200円引き(1年目)
⇒月額1,300円引き(2年目)
⇒月額1,400円引き(3年目)
月額基本料金割引
⇒月額1,334円引き(30ヶ月)
スーパースタート割
⇒月額2,000円引き(1年間)
ずっトク割ステップコース5(5年契約)
⇒月額700円引き(~2年目)
⇒月額800円引き(3~5年目)
⇒月額900円引き(6~8年目)
⇒月額1,000円引き(9年目以降)
初期費用10,000円割引
割引2マンスリーポイント(使用時、都度要申請)
⇒月額100円相当付与(1年目)
⇒月額200円相当付与(2年目)
⇒月額300円相当付与(3年目)
⇒月額400円相当付与(4年目)
⇒月額500円相当付与(5年目)
ギガ得プラン(2年契約)
⇒月額1,100円引き
即割
⇒月額95円引き(2年間)
ずっトク割ステップコース3(3年契約)
⇒月額600円引き(~3年目)
⇒月額700円引き(4~6年目)
⇒月額800円引き(7~9年目)
⇒月額1,000円引き(10年目以降)
割引3にねん割(2年契約)
⇒月額700円引き

上記はキャッシュバックキャンペーン等は加味していません。

例えば6万円のキャッシュバックがあった場合

10年継続利用すると、月500円の値引きがあったと換算できます。

つまり、キャッシュバックがあった方がお得に感じますが

実はキャッシュバックが無い方がお得だった

…なんてケースもあるのです。

追記:見やすくPDFファイルにしてみました。

 

 

 

マンション向け1Gbps以上のインターネット光回線の料金比較

続いて、マンション向けの料金比較です。

ユーザーのイメージとして、大学4年間、就職してから4年間など

4年程度の継続利用を想定してシミュレーションを行います。

 フレッツ光auひかりNURO光eo光ピカラ光ねっとexcite光
提供地域全国全国東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
群馬県
栃木県
茨城県
大阪府
京都府
兵庫県
奈良県
滋賀県
和歌山県
福井県
愛媛県
香川県
徳島県
高知県
全国
光コラボ
初期費用15,800円30,800円39,900円0円25,000円16,000円
月額費用3,350~4,350円
+500円
(BB.excite)
3,800~4,050円
(ISP込み)
1,900~2,500円
(ISP込み)
3,524円
(ISP込み)
4,000円
(ISP込み)
3,360円
(ISP込み)
割引1ギガ推し!(30ヶ月)
⇒月額200円引き
初期費用相当割引
⇒月額1,250円引き(24ヶ月)
※マンション内で4契約以上の申し込みが必要キャンペーン
⇒月額1,000円引き(12ヶ月)
ずっトク割ステップコース3(3年契約)
⇒月額600円引き(~5年目)
⇒月額720円引き(6年目以降)
初期費用10,000円割引
割引2マンスリーポイント(使用時、都度要申請)
⇒月額100円相当付与(1年目)
⇒月額200円相当付与(2年目)
⇒月額300円相当付与(3年目)
⇒月額400円相当付与(4年目)
⇒月額500円相当付与(5年目)
割引3にねん割(2年契約)
⇒月額100円引き

キャッシュバックキャンペーン等は加味していません。

ただ4年程度の継続利用であれば、

基本料金の差額をキャッシュバックの金額で埋められるので

「6万円キャッシュバックキャンペーン!」

などの金額に踊らされてもいいと思います。

追記:見やすくPDFファイルにしてみました。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビビッとくるサービスはありましたでしょうか。

 

関東にお住まいであれば、個人的なオススメはNURO光です。

実は私もNURO光を契約したかったのですが

居住している建物の問題で、一度は申し込んだものの

数日後に電話がかかってきて、断られてしまいました。

 

選び直した結果、

再度NTT東日本さんのフレッツの光回線にお世話になることになりました。

一度解約してしまった過去の自分を恨みたいと思います。

 

法人利用でお探しでしたら固定IPアドレス付きがオススメです。
※接続元のIPアドレスを固定することでネットワーク制御やシステム連携がしやすくなります。

フレッツ光プロバイダ

 - 光回線

  関連記事

関連記事はありませんでした