レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

【Office 365】Office 2016がインストールできない!「WindowsによってPCが保護されました」と表示されたら「Windows SmartScreen」を無効化!

 

Office365のポータルからOfficeアプリがインストールできない!

Office 365 Businessや、Office 365 Enterpriseのライセンスを取得し、
さっそく自分のPCに最新版のOffice(今だとOffice2016)をインストールしようとすると
「WindowsによってPCが保護されました」
とエラーが表示されて、インストールができない!

 

 

インストールの邪魔をしているのは誰だ!

悪さをしているのは
「Windows SmartScreen」
です。

この「Windows SmartScreen」とは
フィッシングサイトとマルウェアからあなたのPCを守ってくれる
セキュリティのフィルターみたいな役割をもった仕組みです。

表示されたエラーの内容を読んでみると
「PCに問題が起こる可能性がある」
と脅してきます。

自社のOffice製品とマルウェアの判断が出来ないこのフィルタ
まだまだ改善の余地ありそうな気がします。

 

 

Windows SmartScreenの無効化

さて、こんなマイクロソフト社にもてあそばれて
貴重な時間を取られたことに怒りを抱きつつ
下記操作にてフィルタ機能を無効化にします。

■Win8の場合
[スタート] > [コントロールパネル] > [システムとセキュリティ] > [アクションセンター]
> [Windows SmartScreen 設定の変更] > [Windows SmartScreen を無効にする]を選択

■Win10の場合
[スタート]で右クリック > [コントロールパネル] > [セキュリティとメンテナンス]
> [Windows SmartScreen 設定の変更] > [Windows SmartScreen を無効にする]を選択

 

 

再度インストールを試してみる

再度Office365のポータル画面にサインインして、Office 2016をインストールする

office0000

ダウンロードされたOfficeのSetupファイルの名前のお尻に (1)とか(2) が付いているのも努力の証。

今度はSetupファイルを実行するとすんなりOfficeのインストールが開始されます。
これこれ!

無事解決。

 - Office 365

  関連記事