レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

【Office 365】ブラウザ版のOutlook on the Web(旧OWA)で出来ないこと・不便なこと

  最終更新日:2017/08/15

Office 365のWEBメール機能をOWA[Outlook Web Access? App?]と呼んでいましたが

いつの間にか「Outlook on the Web」と名称が変わってました。

最近では、わかりやすいようにブラウザ版Outlookって表現したりしています。

 

最近サポートからの回答の文面に

「Outlook on the Web」って表記があるな~と思っていましたが

2015年8月に名称が正式に変わってたみたいです。

Outlook on the web の新機能のご紹介

 

簡単に機能と名称を整理するとこんな感じ。

ブラウザ版のメール機能が「Outlook on the WEB(旧OWA)」

PCインストール版(デスクトップ版)のメール機能が「Outlook2016(2013、2010、2007)」

 

 

Outlook on the WEB(旧OWA)で出来ないこと

さて、名称が変わっていた「Outlook on the WEB」ですが

ブラウザ上で動作するので、インストールするデスクトップ版に比べて機能が制限されます。

以下、デスクトップ版と比べて「Outlook on the WEB」が不便だな~と思った機能です。

 

・アカウント(表示メールボックス)の並び替えが出来ない

・複数の署名が設定できない

・メッセージ(受信メールや送信メールの1通)を「名前を付けて保存」ができない

・作成した「受信トレイのルール」を既存の受信メールに適用できない

※別ファイルとして「.msg / .oft / .txt / .html / .mht」にできません。

・添付ファイルを一括ダウンロードすると、ファイル名が文字化けする

・サブフォルダの並び順が五十音順

・アドレス帳を検索するとき、頭文字からキチンと入力しないと、しっかりと検索されない

・「優先受信トレイ」とか「低優先メール」とか、おせっかい機能がデフォルトで有効

・多くのユーザーに馴染まない、スレッド型の表示形式がデフォルト

※メールを見失ってしまうので、すぐにメッセージ型の表示形式に変更しましょう!

・複数のメールアカウントを追加設定しても、同じメールボックスに受信してしまうので、メッセージの仕訳が大変

・共有アドレスをスマホで確認できない(もしくは、かなり確認しにくい)

※共有アドレスにはパスワードがないため、メーラーにアカウント設定できない。

・共有アドレスが多いと、未読メールを確認するのが大変(検索フォルダーがない!)

・メッセージを一覧表示する階層が、そもそも不要・・・

※共有フォルダも一覧表示の対象なら便利なのに!

・数百件のアドレス帳データのインポートや削除などが、タイムアウトが原因なのか、エラーでうまく処理できないことがほとんど

 

どうでした?

インストール版のOutlookユーザーから見ると、

「Outlook on the WEB」をメインツールに切り替えて運用するのは不便かもしれません。

これからOffice365の導入を検討されている企業は

これを見た上で、ブラウザ版Outlookの導入を決めてください。

 

 

Exchange全般の機能で出来ないこと

グローバルアドレスにCSVで一括インポートできない

※PowerShellを使用することで取り込むことが可能ですが、

初心者には高いハードルだと思います。

 - Office 365, Outlook on the WEB

  関連記事