レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

【Office 365】共有メールボックスの設定方法は簡単!これで社内全員で送受信データを簡単共有

  最終更新日:2017/08/15

info@****.co.jp

contact@****.com

のような問合せ窓口用のアドレスを用意して、

社内の複数名で同じメールアドレスを使うケースがあると思います。

 

この用途において、Office365の「共有メールボックス」機能が利用できます。

ここでは、共有メールボックスの簡単設定方法を紹介します。

 

共有メールボックスは、Office365のライセンスを付与する必要がないメールアドレスです。

管理アカウントで[管理センター] > [グループ] メニューから共有メールボックスを追加します。

・メールアドレスの設定

・追加した共有メールボックスのメンバー(使用するOffice365アカウント)の権限設定

・「送信済みアイテム」の設定を「このメールボックスとして送信されたアイテムをコピーする」をON

 

次に、各Office365のアカウントにて

・Outlookのアカウント上で右クリックして「共有フォルダーの追加」で共有メールボックスが追加されます。

これで共有メールボックスの受信内容が確認できるようになります。

 

共有メールアドレスにて送信して、それを他のひとと共有したい場合

画面右上のアカウント設定のところで「他のメールボックスを開く」にて共有メールボックスを開きます。

これにより、共有メールボックスのアカウントにログインしたような状態になり

そこから送信した場合は、送信済みメールも社内で共有できるようになります。

 

 

 - Office 365, Outlook on the WEB

  関連記事