レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

【Office 365】Outlook 2016/2013/2010の予定表で、他のひとの予定が正しく表示されない(最新情報が表示されない)

 

Office 365 Business EssentialsやBusiness Premiumを契約する目的のひとつに

Exchange Onlineの「予定表」の機能を社内のメンバーで共有したい!てニーズがあると思います。

 

Outlookクライアント(Outlook2016/2013/2010)を使って予定表の管理をしている場合

他のひとの予定がうまく表示されないケースがあります。

具体的には、入力されているはずの他の人の予定が表示されないケースです。

原因としては、Outlookクライアントのキャッシュが更新されず、

古いデータを表示しているために発生する事象です。

 

常に最新の予定を表示させる方法は、クライアントにキャッシュを保持させない設定にすることです。

※ブラウザで管理するって運用もアリです。

 

ファイル > アカウント設定 > メール > (該当アカウントを選択し)変更

> 詳細設定 > 詳細設定タブ

 

Exchange キャッシュモードの設定で

「共有フォルダーをダウンロード」のチェックを外します。

最後に適用して、OKをクリックすれば完了です。

 

以上の設定で、共有されている予定表のキャッシュをクライアントに保持せずに、

常に最新のデータを同期している状態にすることができます。

 

弊害としては、同期するってことは、社内のネットワークを圧迫することがあります。

例えば、社内に10名とか20名がみんな同期設定をして

常にOutlookクライアントを起動していたら

ネットが遅くなると思います。

 - Office 365, Outlook on the WEB

  関連記事