レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

【Office 365】邪魔なSkype for BusinessとOnedrive for Businessをアンインストールする唯一の方法。

  最終更新日:2017/01/26

Office 365を使用していると、

使用しないアプリケーションが一緒にインストールされて邪魔!

ってケースが多々あると思います。

 

インストール済みのOfficeから特定のアプリケーションを

パソコンから削除(アンインストール)する手順を説明します。

 

 

TechNetのページからOffice展開ツールがダウンロードできるページに移動

 

Office 365 ProPlus の展開時に一部の Office プログラムを除外する

まずは、読まなくてもいいのですが、Microsoftが提供している情報ページのご紹介。

Microsoft TechNet の上記タイトルのページ(下記URL)から

Office展開ツール(Office 2016バージョン)をクリック

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj219424.aspx

 

 

MicrosoftのDownload CenterでOffice展開ツールをダウンロード

続いて、実際の作業に入っていきます。

下記のリンク先は英語のサイトですが

イメージにあるような Office 2016 Deployment Toolの [Download] ボタンをクリックします。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

Office展開ツール

 

 

setup.exeとconfigration.xml 2ファイルのダウンロード

[Download] ボタンをクリックすると

setup.exeとconfiguration.xmlという2つのファイルがダウンロードされます。

Office展開ツール

ダウンロードした2ファイルの配置場所は、

コマンドを実行するときに階層を移動しないでいいので

あらかじめ下記のような階層の直下に配置するのが便利だと思います。

C:\Users\(ユーザー名)

 

 

configuration.xmlを編集

ダウンロードされたファイルのうち、configuration.xmlを編集します。

 

今回は

プランはOffice 365 Business(もしくはBusiness Premium)で

Skype for Business と Onedrive for Business を

パソコンからアンインストールするケースを想定して、

以下のように編集しています。

 

“OfficeClientEdition”は32ビット版か64ビット版で、”32″か”64″の2択。

 

“Product ID”はセットアップするOffice365のプランを指定しています。

Office365 Business/Business Premiumなら”O365BusinessRetail”

Office365 ProPlus/E3/E4/E5なら”O365ProPlusRetail”

※ライセンスがなくてもインストールまではできるようですが、

実際には起動しませんのであしからず。

 

“ExcludeApp”とは”インストールしないアプリ”って意味。

“Lync”がSkype for Businessで

“Groove”がOnedrive for Businessです。

下記、”ExcludeApp”で指定できるIDの一覧

ID=”Access”
ID=”Excel”
ID=”Groove”
ID=”InfoPath”
ID=”Lync”
ID=”OneDrive”
ID=”OneNote”
ID=”Outlook”
ID=”PowerPoint”
ID=”Publisher”
ID=”SharePointDesigner”
ID=”Visio”
ID=”Word”

 

 

コマンドでsetupファイルを実行

次に、Windowsメニューのスタートからコマンドプロントを立ち上げて

下記コマンドを入力して、setupファイルを実行します。

 

※コマンドプロントの画面イメージとしてはこんな感じになります。
こまんどぷろんと

 

 

指定したOfficeアプリのアンインストール開始

コマンドでセットアップファイルが実行されると

実際には、指定したアプリがアンインストールされるのではなく

configuration.xml の ”ExcludeApp” で指定したアプリケーションを除いた

Officeが再インストールされます。

 

Office展開ツール

上記画面が表示されて、アンインストールしているはずのに、インストールしている!

・・・なんて焦らないでください。

 

インターネット回線の速度に依存しますが

20~30分ほど待ちます。

 

Office 展開ツール

 

以上で作業完了です。

実際にインストールされているすべてのプログラムを確認してみてください。

キレイさっぱり、

Skype for Business と Onedrive for Business がなくなっているはずです。

 - Office 365

  関連記事