レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

【Office 365】Exchange OnlineのWEBメールで新機能?「送信の取り消し」機能を設定してみた。

  最終更新日:2017/08/15

Exchagene Onlineで便利そうな機能を見つけました。

あまり見かけた記憶が無いので、新機能じゃないかと思っています。

 

Exchange Onlineで見つけた便利そうな機能

その便利そうな機能というのが

「送信の取り消し」という機能です。

 

これまでOutlookクライアント側では設定が出来た

送信後の送信の取り消しですが

WEBメール(Outlook on the WEB)でも可能になりました。

 

 

「送信の取り消し」機能概要

送信したメールを最大で30秒間だけ取り消すことが出来るようになります。

具体的には、送信メールを保留してくれる時間を

5秒、10秒、15秒、30秒 の4つから選べるようになっています。

 

 

「送信の取り消し」設定方法

1. 画面右上の[ 設定]をクリックして、アプリの設定から[メール]をクリックします。

2. [オプション]画面で、左側のメニューの中から
[メール] > [自動処理] > [送信の取り消し] をクリックします。

ExchangeOnline

3.[送信したメッセージの取り消しを次の時間だけ許可]をクリックします。

4.[保存]をクリックします。

 

 

送信したメールの取り消し方法

[送信]をクリックすると右上に[送信中…]と表示されるので、送信が完了する前に[元に戻す]をクリックします。

ExchangeOnline

 

実際に[元に戻す]をクリックすると

メール作成画面に戻ります。

そこで内容を確認し、再度送信することができます。

当然、[元に戻す]をクリックしたメールは宛先には届きませんでしたよ。

 

 - Office 365, Outlook on the WEB

  関連記事