レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

Google Analyticsのトラッキングコードを他サイトにコピペされた結果(すぐ出来る対策付き)

  最終更新日:2016/09/26

いきなりブログのアクセス数が40倍になったので
何かバズったかと思ってワクワクしてアクセスデータをみたら
見覚えの無いページへのアクセスばかり。

いろいろ調べた結果
トラッキングコードを他サイトにコピペされただけだった話。

bazu01

 

 

当ブログのトラッキングコードをコピペする猛者登場

ありがたいことにGoogle AnalyticsのトラッキングコードをWordPressに設置するため
私の過去記事を参考にした方がいました。
【図解】5分で完了!Google AnalyticsをWordPressにサクッと設置・設定する方法

その記事の中で、参考になるかと思い、当ブログのトラッキングコードを記載したところ
そのままコピって自分のサイトに設置された猛者がいました。

悲しいことに
コピペされた先が、当ブログの40倍のアクセスもあるサイトでした。

 

 

これまでのアクセス数はゴミ同然!?

するとどうでしょう。
40倍もあるアクセスのデータが紛れ込んできたのです。
今まで50PVが増えた減ったで一喜一憂していたはずのアクセスグラフが
底にビタっと張り付いた一直線のグラフになりました。

悲しい現実を突きつけられた一方で
同じ目にあわないため
今後、トラッキングコードを他のサイトに張られても
データが混ざらないように設定を加えました!

 

 

他サイトにトラッキングコードを設置されてもカウントされない方法

[Google Analytics] > [管理] > [フィルタ]で
[フィルタを追加]を選択。

設定内容は下記
[定義済み]
[右のみを含む]
[ホスト名へのトラフィック]
[等しい]

ホスト名にはサイトのドメインを入力します。

host

以上です。
もっと早く対策しておけばよかった。

 - Google Analytics

  関連記事