レンタルサーバー Staff Blog

レンタルサーバー(共用サーバー・仮想専用サーバー)と独自ドメイン、ホームページ制作、Office365とWEB会議システムなどのサービスを運営する中で得た知識やサービス比較を中心に、WordPressやPlesk、マーケティングに関する情報を発信しています。

*

検索キーワードの無駄を見逃すな!10分で出来るGoogle AdWordsとYahoo!スポンサードサーチで機会損失を防ぐ方法

  最終更新日:2015/01/08

こんにちは、藤田です。

昨日はクリスマスでしたが、みなさんケーキ食べましたか?

ニュースとかを見ると、ケーキ屋さんもホールケーキが売れずに苦戦していたようです。

我が家も今年はホールケーキではなく、カットケーキを食べたいだけ購入するスタイルになりました。

正直、ホールケーキは食べきれませんからね。

 

それでは本題です。

自分は社内の広告の運用も担当しているのですが

広告の予算が限られている中でどれだけ成果を出すのか

毎日微調整を繰り返しながら日々奮闘しています。

 

豊富なプロモーション資金がある場合は良いのですが、

ほとんどの場合は自分のように限られた資金で、

効率よくコンバージョンを稼いでいくことが命題だったりします。

そこで、今回は購入見込みのないクリックを減らす作業を行います。

 

購入見込みのないクリックは機会損失につながる

購入見込みのないクリックを減らすためには、

除外キーワード/対象外キーワードの追加・設定を行います。

 

なぜ購入見込みのないクリックを減らす必要があるのか、

説明するまでもありませんが

購入意思のないひとに対して広告費用をかけてしまうと、

本当に買いたい人に広告を表示できなくなってしまい

機会損失につながります。

 

リスティング広告において、キーワードの見直しは日次業務です。

今回の除外キーワード/対象外キーワードの追加・設定も忘れず日次業務として確認するようにしてください。

 

 

 

リスティング広告の検索キーワードの確認方法

まずは、現状確認です。

あなたが出しているリスティング広告は

どんなキーワードで表示され、クリックされているのか把握していますか?

 

まず最初に、以下の方法でリスティング広告の検索キーワードを確認してください。

 

Google AdWordsの場合

Google AdWordsのリスティング広告の検索キーワードの確認方法を紹介します。

 

キャンペーン選択 > キーワード > 詳細 検索語句「すべて」選択

Google AdWords 全ての検索キーワード

 

Yahoo!スポンサードサーチ(リスティング広告)の場合

Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチの検索キーワードの確認方法を紹介します。

 

スポンサードサーチ > キャンペーン管理 > キーワード > 検索クエリーを表示 > すべてのキーワード

Yahoo!スポンサードサーチ広告

 

 

 

除外キーワード/対象外キーワードとは

検索されているキーワードがわかったところで

いよいよ除外キーワードの設定に入るわけですが

そもそも

「”除外キーワード”とか”対象外キーワード”って何???」

って方に簡単に説明します。

 

『除外キーワード』『対象外キーワード』とは

購入が見込めない検索キーワードを指定して広告が表示されないようにできる

便利な機能です。

 

Google AdWordsでの呼称が『除外キーワード』で

Yahoo!プロモーション広告での呼称が『対象外キーワード』となっています。

 

 

 

除外キーワード/対象外キーワードの追加・設定方法

検索キーワードを隅々まで確認してください。

その中に明らかに買わないキーワードを発見した場合

すぐに除外キーワードとして追加・登録しましょう。

もしそのキーワードのクリック率が低い場合、

『品質スコア』まで低下する原因になっているので

1秒でも早く駆除しましょう。

 

例えばこんなキーワードは除外キーワード/対象外キーワードの候補です。

キーワード 評 価
○○○とは 意味を調べるキーワードです。

購入までは遠そうです。

クチコミ/口コミ/評判 こちらも情報収集の段階で購入まではまだ遠いです。

予算に余裕があれば除外しなくてもいいんですけどね。

無料 お金を払う気ゼロです。

無料のサービスを扱っていなければ除外してください。

設定方法/使い方 既存顧客がサービスについて調べている可能性が高いです。

新規顧客の獲得に集中したい場合は除外してください。

解約 既存顧客ですが、さらに購入してくれそうにありません。

このキーワード専用のキャンペーンページを作って解約を防ぐってのも手ですね。

求人/就職/転職/仕事/年収 検索しているのは将来の同僚ですかね。

求人のニーズがなければ除外してください。

類似サービス名、類似ブランド名、類似会社名 名前が似ていても、全く別のサービスの場合は除外してください。

『ウォーターサーバー』『ビールサーバー』『レンタルサーバー』等

 

Google AdWordsの場合

Google AdWordsのリスティング広告の除外キーワードの登録方法を紹介します。

 

キャンペーン > キーワード

画面を一番下までスクロールすると『除外キーワード』のリンクが見えるので、それをクリック。

キャンペーン単位と広告グループ単位で『除外キーワード』の追加ができるようになっています。

 

Google AdWordsにて除外キーワードに設定してから、検索キーワードを確認すると

こんな感じに表示されるようになります。

Google AdWords除外キーワード

こんな表示だったのが

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こうなります。

Google AdWords 除外キーワード

 

 

 

Yahoo!スポンサードサーチ(リスティング広告)の場合

Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチの対象外キーワードの登録方法を紹介します。

スポンサードサーチ > ツール > 対象外キーワードツール

Yahoo!プロモーション広告

 

『対象外キーワードを追加』をクリックします。

Yahoo!プロモーション広告

対象外キーワードはキャンペーン別か広告グループ別に登録することができます。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の除外キーワード/対象外キーワードの追加登録作業は、

無駄な脂肪をそぎ落とす作業に似ています。

 

でも、脂肪(無駄なキーワード)と一緒に

肉(有効なキーワード)を落とさないようにだけは注意してください。

 

それでは皆様よいお年を!

 - Google AdWords, Yahoo!スポンサードサーチ

  関連記事